千里川土手で飛行機を撮影!!(伊丹空港・大阪)

スポンサーリンク

千里川土手での飛行機撮影について

関西では飛行機の撮影スポットとして有名な
千里川土手についてシェアしたいと思います!

この場所が何故有名かというと、
着陸する飛行機を超至近距離で見ることが
できるからです。
(自分の頭上真上を通過します。)

そのような迫力満点の体験ができるため
カメラマンのみならず、
家族連れやカップルも多く訪れています。

近くの伊丹空港スカイパークという所では、
飛行機の流し撮りができますので、
そちらもよかったら覗いて見てください!

伊丹空港・スカイパーク
(大阪)
今回は、伊丹空港のスカイパークについての レポートをシェアしたいと思います。 まずスカイパークとはなんぞや。 ってところからだと思います。 スカイパークとは、 伊丹空港の滑走路に沿って作...
スポンサーリンク

1.行った時期

僕自身、行った時期は
夏、秋、冬に何回かずつ撮影に行きました。

1日でたくさん飛行機が
着陸、離陸しているのですが、
やはり、撮影にチャレンジできる回数は
限られているので、満足な写真が撮れずに
再度撮影に出かける、といった具合です。笑

しかし、何度行っても、
自分の頭上を飛行機が通過するのを見るのは
楽しいです!笑

そして何より飛行機かっこいいです!

2.アクセス方法

千里川土手は、その名の通り、
伊丹空港の周りを流れる
千里川の土手です。笑

アクセスとしては車が一番便利です。

電車で行くなら、阪急曽根駅から
20分ほど歩く必要があります。

車で行くときは、近くに駐車場(コインパーキング)がありますので、そちらを利用します。
24時間最大料金600円です。

駐車場の検索としては、ナビに「千里川 タイムズ」と入力してください。

そうすると、おそらく一番うえに「タイムズ豊中勝部1丁目」という駐車場が出てきます。

そこが千里川土手に最も近い駐車場です。

駐車場の実情として、結構車の入りは多いですが、撮影に来た人以外は割とすぐ帰る人が多いです。

ですので、ぼくがこの駐車場を利用して、今まで満車で停めることができないといったことは今まで無かったです。

駐車場住所:大阪府豊中市勝部1丁目12

3.ロケハン

千里川土手で動ける範囲は限られているので、
本項目に関してはロケハンではありません。笑

千里川土手での撮影に関して知ってることを
記しておこうと思います。

まず、飛行機はAとBの滑走路に着陸します。

大型機がAの滑走路に着陸、
小型機/プロペラ機がBのイメージです。

また、Aの滑走路では、
千里川に近いところから着陸し始めますので、
その分高度を下げるのがBよりも早く
より真上を通っているように感じます。

BはAよりも千里川から遠いところから
着陸しますので、結構高い高度を保ったまま
頭上を通過して行きます。

ですので、訪れる人はAの滑走路の真後ろに
スタンバイする人が多いです。

ここで土手には、千里川を挟んで
①と②の箇所で撮影できます。

僕自身②の方には行ったことがないのですが、
②の方ではすごく大きな三脚と脚立を用意して
撮影に臨んでいる人が多いです。

滑走路に人が入れないように、
①の土手と空港敷地の間に
フェンスが張ってあるのですが、
これがまあまあ背丈があるもんですから、
アングルによっては写真に映り込みます。

ですので、後ろの方から大きな三脚を使って
これを避けて撮ってるのではないかと思います。

2019.3.17追記

②のほうで撮影してきました!

全然背の高い三脚は必要ありませんでした。

僕はSLIKのライトカーボンE73という三脚を使っているのですが、
背丈は最長1750mmです。
エレベーターなしでは1400mmです。

今回はエレベーターなしで撮影しましたので、
1400mmくらいの三脚があれば十分飛行機撮れます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SLIK(スリック) カーボン三脚 「ライトカーボン E73」
価格:26820円(税込、送料無料) (2019/6/18時点)

楽天で購入

4.撮れ高

①の土手、Aの滑走路真後ろあたりから

ボディ:Nikon D7100
レンズ:AF-S NIKKOR 35mm f/1.8
シャッタースピード:1/1000秒
絞り:f5
ISO感度:100
焦点距離:52mm
(LightroomでRAW現像)

①の土手、Aの滑走路真後ろあたりから

ボディ:Nikon D7100
レンズ:SIGMA 10.0-20.0 mm f/4.0-5.6
シャッタースピード:1/1000秒
絞り:f4
ISO感度:100
焦点距離:15mm
(LightroomでRAW現像)

①の土手、Aの滑走路真後ろあたりから

ボディ:Nikon D7100
レンズ:TAMRON70-200 F2.8 Di VC USD G2
シャッタースピード:1/1000秒
絞り:f11
ISO感度:100
焦点距離:138mm
(LightroomでRAW現像)

①の土手、Aの滑走路真後ろあたりから

ボディ:Nikon D7100
レンズ:TAMRON70-200 F2.8 Di VC USD G2
シャッタースピード:1/1000秒
絞り:f11
ISO感度:100
焦点距離:105mm
(LightroomでRAW現像)

①の土手、Bの滑走路真後ろあたりから

ボディ:Nikon D7100
レンズ:TAMRON70-200 F2.8 Di VC USD G2
シャッタースピード:1/400秒
絞り:f8
ISO感度:100
焦点距離:202mm
(LightroomでRAW現像)

①の土手、Bの滑走路真後ろあたりから

ボディ:Nikon D7100
レンズ:TAMRON70-200 F2.8 Di VC USD G2
シャッタースピード:1/200秒
絞り:f2.8
ISO感度:100
焦点距離:300mm
(LightroomでRAW現像)

①の土手、Bの滑走路真後ろあたりから

ボディ:Nikon D7100
レンズ:TAMRON70-200 F2.8 Di VC USD G2
シャッタースピード:5秒
絞り:f11
ISO感度:320
焦点距離:300mm
(LightroomでRAW現像)

①の土手、Bの滑走路真後ろあたりから

ボディ:Nikon D7100
レンズ:TAMRON70-200 F2.8 Di VC USD G2
シャッタースピード:10秒
絞り:f11
ISO感度:320
焦点距離:300mm
(LightroomでRAW現像)

①の土手、Aの滑走路真後ろあたりから

ボディ:Nikon D7100
レンズ:TAMRON70-200 F2.8 Di VC USD G2
シャッタースピード:6秒
絞り:f11
ISO感度:100
焦点距離:600mm (×2.0テレコン使用)
(LightroomでRAW現像)

②の土手、Aの滑走路真後ろあたりから

ボディ:Nikon D7100
レンズ:TAMRON70-200 F2.8 Di VC USD G2
シャッタースピード:1/100秒
絞り:f2.8
ISO感度:3200
焦点距離:300mm
(LightroomでRAW現像)

飛んでるところとるのはやっぱり厳しい。。。

②の土手、Aの滑走路真後ろあたりから

ボディ:Nikon D7100
レンズ:TAMRON70-200 F2.8 Di VC USD G2
シャッタースピード:10秒
絞り:f16
ISO感度:400
焦点距離:600mm (×2.0テレコン使用)
(LightroomでRAW現像)

②の土手、Aの滑走路真後ろあたりから
ボディ:Nikon D7100
レンズ:TAMRON70-200 F2.8 Di VC USD G2
シャッタースピード:6秒
絞り:f20
ISO感度:100
焦点距離:300mm
(LightroomでRAW現像)

最後の方の写真は、飛行機の離陸直前を
撮影したものです。(ウニでてるやつです)

飛行機は滑走路に入った後、
一旦停止してから離陸します。

そのため、その止まってる間を狙って
長時間露光で撮影しています。

しかし、飛行機によって
その停止時間はまちまちです。

そのためいつも、
まだ動かんといて!
まだ動かんといて!
といった感じで念じながら撮っています。笑

ほんならまた!!

コメント

  1. […] […]