ライトアップ瀑布!!(玉簾の滝 ・山形県)

スポンサーリンク

こんにちは!

2019年G.W.の東北遠征記です!

今回は、山形県にある玉簾の滝(たますだれのたき)についてシェアしたいと思います!

 

 

玉簾の滝は、山形県酒田市にある滝です。

規模としては高さ63m、幅5mと山形県随一の大きさを誇る滝と直瀑となっております。

 

 

そして!

この滝ですが、期間限定でライトアップされます!(期間限定という言葉に弱い笑)

 

 

その期間というのがG.W.とお盆というもんですから、もう撮りに行くしかありません…笑

 

 

ここは、滝の周りは木々で暗くなっており、滝のみライトアップされているため、ライトアップされた綺麗な滝と人のシルエットを写すことができるのです。

 

 

ではシェアしていきます!

 

 

1.行った時期

2019年5月3日夕方頃

ライトアップは日没後、ということなので具体的に何時頃からかはわかりません。

そのため、夕方ごろに着くように行きました。ロケハンと昼景の写真も撮っておきたいと思い、少し早めに行きました。

 

気温については、少し冷えるので、厚手の服を持参しましょう。

個人的には、ウルトラライトダウンにマウンテンパーカーで十分対応できました。

 

 

2.アクセス方法

玉簾の滝は山形県酒田市にあります。

滝の付近に20台程度収容できそうな無料駐車場が併設されておりますので、お車でお越しの方はこちらに停めるといいと思います。

 

滝自体は、駐車場から徒歩10分くらいのところにあります。(大きなアップダウンは無し)

 

 

3.ロケハン

googlemapでもさすがに滝周辺の地図はありませんでした。笑

ですので、今回地図は割愛致します。(航空写真でも木が生い茂りすぎて、もうなにがなんだか。。。笑)

 

しかし、滝自体を撮るのにそこまでたくさんの画角はありませんでしたので、行けばわかると思います。(元も子もない笑)

 

①滝の真正面から離れて木々も入れて撮るか、②少し斜面を登って滝のみを上から撮るか、③滝壺に近づいて撮るかですね。

滝壺に近づいて撮った写真は、僕はいまいちピンと来なかった(未熟さが大いにある笑)ので、①だけで良いと思います笑

②は少し、足元が悪いので登られる方は注意しでください。

 

 

 

4.撮れ高



ボディ:Nikon D7100
レンズ:AF-S NIKKOR 35mm f/1.8
シャッタースピード:1/5秒
絞り:f1.8
ISO感度:100
焦点距離:52.5mm
(LightroomでRAW現像)



ボディ:Nikon D7100
レンズ:SIGMA 10.0-20.0 mm f/4.0-5.6
シャッタースピード:10秒
絞り:f4.5
ISO感度:100
焦点距離:19.5mm
(LightroomでRAW現像)



ボディ:Nikon D7100
レンズ:SIGMA 10.0-20.0 mm f/4.0-5.6
シャッタースピード:4秒
絞り:f4
ISO感度:100
焦点距離:15mm
(LightroomでRAW現像)

 



ボディ:Nikon D7100
レンズ:SIGMA 10.0-20.0 mm f/4.0-5.6
シャッタースピード:4秒
絞り:f4
ISO感度:100
焦点距離:15mm
(LightroomでRAW現像)



ボディ:Nikon D7100
レンズ:SIGMA 10.0-20.0 mm f/4.0-5.6
シャッタースピード:4秒
絞り:f4
ISO感度:100
焦点距離:15mm
(LightroomでRAW現像)

 

 

5.その他

服装について

滝に近づくと、恐ろしいほど濡れます。笑

 

GoProで臨場感のある滝を撮ろうと近づいて行ったら、ズボンがビチョビチョになりました。笑 (上着は防水性のあるのマウンテンパーカーを着ていたため問題なし)

 

ですので、滝壺に近づきたい人は防水性のある服装で行ったほうがいいです。

 

滝壺に近づかないのであれば、防寒さえしていれば普段着で問題ありません。

 

滝壺から遠いところから撮らないと、人のシルエットは撮影できないので、シルエット狙いの人は無理して滝壺に近づく必要も無いと思います。笑

 

売店について

駐車場に売店が併設されています。

 

その売店ですが、15時くらいから17時くらいまでは閉店されています。

夜のライトアップで人が多くなり始めるときから、またオープンします。

ですので、小腹が空いていればここの売店で食べ物を買うことができます。

 

ここの玉こんにゃく(100円で3つ1串)が、とても美味しかったです!

撮影で体が冷えれば、是非玉こんにゃくを食べてみてください!

 

 

東北遠征についての動画も作ってみましたのでよければご覧になってくださーい!!

 

 

 

ほんならまた!

コメント